プレスリリース・お知らせ

2012年07月03日

「LINE」にソーシャル・ネットワーク性を強化、新機能「ホーム」「タイムライン」を発表

「LINE」にソーシャル・ネットワーク性を強化、
新機能「ホーム」「タイムライン」を発表
友人同士でリアルタイムに近況を共有することが可能に、「LINE Channel」との連携も

 

NHN Japan株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森川 亮、以下 NHN Japan)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE(ライン)』(http://line.naver.jp/)において、7月3日に初のカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo」を渋谷ヒカリエホール(東京都渋谷区)にて開催し、新機能「ホーム」「タイムライン」を近日公開することを発表いたしましたのでお知らせいたします。

 

「ホーム」「タイムライン」は、LINE上で繋がっている友人同士で近況を共有し合い、コミュニケーションを楽しむことができる機能です。LINEの基本機能である「無料通話」・「無料メール」機能に加えて、新たにソーシャル・ネットワーク性の高いこれらの機能を提供することにより、ユーザー同士の更なるコミュニケーションの活性化に繋げてまいります。

 

1. ホーム:LINE上に生まれた、自分専用のパーソナル・ログ。
テキスト・写真・動画・位置情報などを使って自分の近況をアップデートすることができるマイページです。カバー写真を設定することにより、自分のパーソナリティを表現することも可能です。


 
友人の「ホーム」画面には、LINE内の「友だち」リストおよび「トーク」内のプロフィール写真をタップすると参照することができ、友人の投稿内容に対して、LINEの人気キャラクターのスタンプを用いて「かわいい」「残念!」など自分の感情を表現したり、直接コメントしたりすることにより、コミュニケーションを楽しむことができます。

 

2. タイムライン:LINEで繋がっている友人の近況がリアルタイムにわかる。
LINEで繋がっている友人の近況を、タイムライン形式でまとめて閲覧することができます。「ホーム」同様、友人の投稿内容に対してスタンプを用いて感情を表現したり、コメントを残したりすることが可能です。
※「ホーム」と「タイムライン」は相互にリンクしており、ユーザーが「ホーム」で近況をアップデートすると「タイムライン」にも反映されます。


 
※「ホーム」「タイムライン」ともに、投稿内容はLINE上で相互に「友だち」になっている友人のみに公開されます
※設定画面より、友人ごとに投稿内容の表示/非表示を選択することも可能です。

 

なお、併せて近日公開を予定している新プラットフォームサービス「LINE Channel」では、友人が「LINE Channel」連携アプリ/サービスを利用した活動履歴なども「ホーム」「タイムライン」上で通知・共有されるようになります(下記参考資料参照)。

 

【参考】LINE基本サービス(無料通話・無料メール)とホーム、タイムライン、Channelの関係性


 
LINEでは、今後もユーザー同士のコミュニケーションをより活性化していくための取り組みとして、継続的な機能改善を行いつつ、周辺サービスの拡充も図ってまいります。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------
報道関係各社様向け画像ページ
画像データを以下URLよりダウンロードいただけます。ご自由に利用ください。
http://nvrj.jp/m/VsalaG パスワード:line2012
(このURLは本日より29日間有効です)