プレスリリース・お知らせ

Wed Mar 07 10:55:07 JST 2012

無料通話・無料メールアプリ「LINE」、PC版・スマートタブレット向けブラウザ版をリリース

無料通話・無料メールアプリ「LINE」、
PC版・スマートタブレット向けブラウザ版をリリース
マルチデバイス対応で新たな利用機会を創出、ユーザーのプライバシー保護にも一層の取り組み

 

NHN Japan株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森川 亮、以下 NHN Japan)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE(ライン)』(http://line.naver.jp/)のPC版(Windows/Mac対応デスクトップ常駐型クライアント)・スマートタブレット向けブラウザ版の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。
※Androidアプリ版(最新バージョン)を利用しているユーザーは、本日よりPC版・スマートタブレット向けブラウザ版をはじめ、全ての機能を利用可能です。近日中に、iPhoneアプリ版でも対応予定です。


 
LINEはユーザー同士であれば国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で音声通話・メールが楽しめるスマートフォンアプリです。2011年6月のサービス公開以来、サービス公開約8ヶ月となる2012年3月5日には、世界2,000万ダウンロード(iPhone/Androidアプリ総計)を達成するなど、飛躍的に成長しています。

 

このたび公開したPC版では、専用クライアントソフトをインストールすることにより、これまでスマートフォン・フィーチャーフォンからの利用に限られていたLINEをPCでも利用することができます。また、併せて同時公開したスマートタブレット向けブラウザ版では、iPadやAndroid Tabletなどスマートタブレット端末での利用に最適化。タブレット端末ならではの大画面で、自宅や会社などで気軽に利用することができます。なお、PC版・スマートタブレット向けブラウザ版ともに、無料通話機能は非対応となっており、チャット機能のみの利用となります。

 

また、今回の新機能提供にあたり、Androidアプリのバージョンアップを実施、マルチデバイス対応を行いました。スマートフォンアプリ利用開始時に登録する電話番号とは別に、任意でメールアドレス・パスワードを追加登録することにより、PC版・スマートタブレット向けブラウザ版のログイン時に利用できるほか、電話番号や機種の変更時に過去の利用情報(友だち/グループ情報・プロフィール情報)を引き継ぐことができるようになりました(従来は電話番号や機種変更を行うと利用情報が初期化)。
※QRコードを利用して、追加情報を登録せずにPC・スマートタブレット向けブラウザ版を利用することも可能です。
※近日中にiPhoneアプリ版・フィーチャーフォン版もマルチデバイスに対応していく予定です。

 

さらに、LINEでは利用登録時に、アドレス帳情報の取得についてユーザーから確実かつ明確に事前許諾を取ることをポリシーとして運営しておりましたが、今回のバージョンアップにより、アドレス帳情報の利用許諾に関するステップを、これまで以上にわかりやすく、明確に選択できるようインターフェイスを改善いたしました。

 

LINEは世界有数のグローバルモバイルメッセンジャーとして、2012年中に世界1億ユーザーの獲得を目標に、引き続きサービスの利便性向上とユーザーのプライバシー保護の取り組みを行ってまいります。

 

■PC版概要
ダウンロード:http://line.naver.jp/
利用料:無料
対応OS:Windows XP以上、Mac OS X(10.6)以上
対応言語:日本語・英語・韓国語

 

■スマートタブレット向けブラウザ版概要
ログインページ:http://t.line.naver.jp/
利用料:無料
対応OS:iOS 4.3以上、Android 3.0以上
対応端末:iPad・Android Tablet
対応ブラウザ:Mobile Safari・Andorid標準ブラウザ
対応言語:日本語・英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字)